原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

9・20 大間原発反対!スタンディングデモ

今月のスタンディングデモは9月20日

9月は19日が敬老の日で祝日だったので、20日(火)に月例の大間原発反対!スタンディングデモを東銀座の電源開発本社前で行いました(12時~13時)。台風の影響で雨が降っていましたが、幸いなことに土砂降りではありませんでした。
10人ほどが参加してくれました。毎回、新しい顔が見られるようになりました。以下は参加者の感想です。

★地下鉄で雨の装備をしたら12時近くなってしまった。
警備員に挨拶し、雨なので社員の出入りは少ないと思ったものの通用口に回る。
裏口の警備員も色々でちらしを読んで下さい、と差し出すと、会社から受け取らないように言われていると言う。
自分の仕事を忠実にこなすには私たちが何を訴えているか理解しておくことも仕事の一部でしょ、と訴えた。

★交替した警備員は話しかけてもあらぬ方を見て、話にならない。
社員の出入りに対しては、<政府予算は28年度は電源開発の研究予算が一億円から半分の五千万円に削減され、来年度はゼロになる。これ以上お金をつぎ込んでも無駄>と訴えながら差し出すきれいなカラーのちらしがびしょ濡れでかわいそう。それでも僅かの人が受け取る。

★時5分前になったのでみんながいる正門に移動。
大間原発大間違い!鮪もイカも怒ってる!
とシュプレヒコールで締めた。

★その後、いつも寄る「G」という店のランチが楽しみ。ちりめん山椒ご飯をお代わりしてしまった。
今日は最悪で参加者は女性4人と思っていたが、徐々に増えいつものように10名以上になったようだ。お昼休みに来た人、お友だちを誘って来た人と裾野がひろがっているようで嬉しい。

★電源開発の社員も工事がまたもや先伸ばしになり大間に転勤もありそうで不安だろうに(注1)。
会社は?、労働組合は?
皆さん!私たちと一緒に大間原発大間違い!と言いましょうよ!

(報告:里山恵)

注1:日経新聞記事(2016.9.8 digital版)
「Jパワー、大間原発の工事再開2年延期 審査長期化で」

Jパワー(電源開発)は青森県大間町に建設中の大間原子力発電所について、今年11月としていた本格工事再開を2年程度延期する方針を固めた。
前提となる原子力規制委員会の安全審査が長期化しているためで、2022年度ごろとしていた運転開始時期も先送りする。9日に県や大間町など地元自治体に延期方針を報告する。
Jパワーは14年12月に大間原発の安全審査を規制委に申請。これまで、今年11月に審査に合格し本格工事を再開する工程を示していた。
審査の長期化で合格の時期は見通せず、11月の本格工事再開を断念した。
大間原発は08年に着工したが、11年の東日本大震災で工事を中断。工事進捗率は震災前と同じ約38%のままだ。工事中断の長期化で、 震災直前に約1700人いた建設工事関係者は現在300人程度まで減少し、地域経済は疲弊している。大間町も年間数十億円の固定資産税が当分見込めず、厳しい財政運営が続く。
このため、Jパワーは守衛所や構内道路の整備など許認可に関係ない周辺工事を前倒しで行うほか、本社の社員研修を大間町で行うことで地域経済を下支えしていく方針だ。 町の原子力防災の費用も一部負担していく。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/557-d0338415

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに