原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

12月19日 電源開発本社抗議スタンディングデモ 大間原発建設するな!

夕方にやってみました
電源開発本社前スタンディングデモ


政府が安保法を強硬採決して以来、毎月19日が総掛かり行動の日になり、熊谷あさ子さんの月命日(19日)に行っている電源開発本社前昼休み抗議は、総掛かり行動まで時間が中途半端なので自宅に帰ることが出来ない人は間が持てないのが悩みでした。
そこで今回は夕方4時から5時までやってみました。ちらしの受け取りは悪くない。

沖縄オスブレイ墜落事故抗議行動もあり参加は期待出来ませんでしたが、いつもの通り警備員の配置があり、こちらの抗議者もいつもと変わらない人数がありました。

90歳を過ぎたTさんのお母さんの参加に、私たちは年老いたと言えません。この方は金曜行動にも参加されています。それでまだまだ私たちは頑張れる!と元気を貰います。

私たちは建設反対をあきらめないが、本当は電源開発が1日も早く大間原発建設を断念して欲しい。
私たちはこの反対に使う時間、知恵、費用、エネルギーを将来の建設的な事に使いたい。
政府から研究費用が出なくなり、もんじゅも廃炉になる今、 営利企業としては建設をやめる時に来ている。間違いなく!
やめるのは今でしょ!

(報告:里山恵)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/576-89ba15e2

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに