原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

テントひろば 年末年始のお知らせ ずーっとやってます!!

テントひろば 年末年始のお知らせ ずーっとやってます!!

経産省前テント強制撤去後4ヶ月が過ぎました。
経産省・安倍政権などは『潰してしまえば早晩消え去る』と見込んでいたでしょう。
しかし『テントひろば』を支える人々は、そんな思惑を見事に覆し、『もう悲劇・暴挙を繰り返させない!一刻も早く脱原発を』と、テント撤去以後、嵐の日も雪の日も、1日とて欠かす事なく、原発推進等の策源地たる経産省に対峙し続けてきました。テント跡地前を「花壇をつくる」とか言って、そこからもを排除されると、正門前に移り、今まで以上に目立つように行動しています。そして、金曜行動に加え、『院内ヒアリング』も矢継ぎ早に行うなど、ますます鋭く迫っています。彼らにとっては逆効果になったと驚嘆の評価も聞かれます。
さらに付け加えれば、「反原発テント美術館」に変身した第二テントは、テントごと貸し出され、現在、丸木美術館で、テントを建てて、丸木美術館の「反核反戦展」参加・出品中です。

◆12月29日(木) 15時~16時『経産省前抗議集会納め』行動を行います。
          12時~   いつものように座り込み 
◆12月30日(金)~2017年1月3日(火)まで
          12時~16時まで いつものように座り込み
◆1月4日(水)  正午から 恒例餅つき大会 ご近所(『御用始め』の省庁)巡り等

みなさん! 年末年始に、ぜひ、経産省前にお集まりください。


<最近の情報>

写真 花壇

clip_image002[2]


テント跡地は「花壇」になった。柵で囲んだ。そこにニューアルされた看板が三つ掛かっていた。
左上の立入禁止のマークを見て経産省の新しいロゴかと勘違いしてしまった。
「経産省に抗議することはまかりならん!」の一言で済むのに。
ちまちまとした文言の数々。 ※()内は和訳・突っ込み

経済産業省
国有地
関係者以外立ち入り禁止
Government property    ※(官有物)
Authorized personnel only  ※(関係者のみ)
keep out         ※(立入禁止)


敷地内での以下のような行為は禁止されています
●銃器、凶器、その他の危険物の持ち込み ※(敷地外でもそうだ)
●旗、幟、懸垂幕、宣伝ビラ、プラカード、その他これに類する物等の使用、持ち込み
●管理責任者が立ち入りを禁止した区域への立ち入り
●テントその他の施設の設置
●文書、図面等の頒布、掲示
●多数の集合
●放歌高唱、ねり歩く等の行為  ※(学生寮の禁止事項か!)
●金銭、物品等の寄付の強要、押し売り ※(被ばくの強要、原発の電気の押し売りした のは誰かな?)
●その他庁舎内の秩序を乱し若しくは職員の安全を脅かす行為 ※(国民、とりわけ福 島の人の安全を脅かしているのは誰?)


(報告:三上 小川  写真:ishi 小川)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/578-5d020bbd

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに