原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

雨にも負けず 3.21 電源開発前スタンディングデモ

DSCF4609.jpg

3月19日が日曜日、20日も休日のため、今月のスタンディングデモは21日に行った。真冬の装いでお出かけ下さい、とラジオが伝えていたので重装備し直したら遅くなってしまった。地下鉄を乗り換えるより日比谷から車を拾おうとしたが雨でなかなか捕まらない。電源開発前に着いたときは約束の時間を過ぎてしまい手持ち無沙汰なメンバーが雨に濡れていた。申し訳ない。

初参加の女性も含め6名が一緒に横断幕を張り巡らし、早速順番にスピーチで訴え始めた。全員が発言したのは初めて。
傘を差しながらチラシを配り、質問に答えたり励まされたり、今までにない反応の良さに驚いたり喜んだり。

参加者から、雨の中ごくろうさまと言われたり、やっぱり続ける事が大切、の発言があった。
いつものように
マグロもイカも怒ってる!
大間原発、大間違い!
とシュプレヒコールした。

DSCF4613.jpg

帰り際、警備員に抗議の意味を伝える勢いのあまり、敷地らしいタイルにかかったりして警備員に注意され、やり取りしていると、柱の影に二人の男が別々のところに居り、あの人たちは何をしているの?と警備員に聞いたらその二人はこそこそと移動したり、ドアの中に入ってしまった。電源開発の社員?それとも??

私たちは1時間の行動だが、テントひろばの座り込みのメンバーのご苦労を思う。

(報告:里山、写真:あれこれ屋)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/599-fe1cd499

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに