原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

10月26日(金)午後、のテントひろば前は大賑わい

4時からの、いつもの「青空テレビ」の送終了時はもうすっかり暗くなっていました。日が落ちるのが早いです。
5時過ぎから「ママネット」の子連れのママさんたちがテントひろばに来られました。
ママネットの人たちは、子どもをつれて、赤坂にある復興庁に要請行き、その後、はじめて官邸前から国会周辺を一回りし、テントへとやってきたそうです。

ママネットは福島から各地に避難されてきた子どもとお母さんたちの集まりです。
ママネットのブログ
http://profile.ameba.jp/hinan-mama-net/
http://ameblo.jp/hinan-mama-net/

第二テントは託児所のようになり、ママさんたちの交流の場にもなっていました。子どもたちもテント前で遊んだり、ペンライトを振り回しながら、「げんぱつはんたい!子どもをまもれ!」と叫んだり、忙しそうでした。また、テントではお馴染みの山羊のメイコの荷車がやってきて、子どもたちは山羊に触れたり、山羊の荷車から山羊を降ろして、自分たちが荷車に乗って山羊に引かれたりと、大喜び。
スティーブ・ゼルツァーさんのインタビューを受けてもいました。ママさんたちもリラックスした様子でした。9時過ぎに帰られました。子どもたちはきっと帰りはクタクタだったでしょう。

ママネットの人たちは「今日はテントで楽しく過ごせた。今後も集まりや情報発信の場として使わせて」と言っていました。
今度はママネットの案内チラシを持ってくるとも言ってました。大歓迎!!

__.jpg

image (1)


(報告:あれこれ屋、写真:はしゆき)

コメント

色付きの文字動物大好き人間?の
maririnnロラは、ヤギさんに大感動、お会いできなくて残念、無念。テント広場は、{年寄り}人間の座り込み場と認識していましたが、人間にかぎるなんて、よくない!です。動物大歓迎!
2012/11/01(木) 06:08:20 | URL | maririnn  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/6-949eca75

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに