原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

緊急のお知らせ 7月6日(木)テント学習会「日本のプルトニウム管理と大洗事故」 

6月9日に「日米原子力協定」の院内ヒアリング集会を開催し、プルトニウム管理の重要性が明らかになり、一方で6月6日に起こった大洗の事故から日本のプルトニウム管理の杜撰さが露呈しました。
 そこで、48 トンと言われるプルトニウムが今どのように管理されているのか、5人の作業員が大量の被ばくをした大洗事故は何を現しているのか、を学習し、次のヒアリング集会「日米原子力協定(2)」に繋げたいと考えます。

日時:7月6日(木)18時半~21時
場所:日比谷図書文化館(千代田図書館)セミナールームA
講師:山崎久隆さん(たんぽぽ舎)
参加:テント関係者及び一般の方
参加費:300円
課題(案):
(1)日本のプルトニウム管理
(2)大洗事故
(3)ヒアリング集会質問書案
主催:経産省前テントひろば

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/610-8e7282c6

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに