原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

電源開発株主総会 プリンスホテル前でスタンディングデモ

6月28日(水)、午前9時から始まる電源開発株式会社の株主総会に、「大間原発建設NO!」を掲げて、東京芝のプリンスホテル前で、小雨の中、スタンディングデモを行った。

原発は儲からない!
世界は止めているのに
それでも大間原発を作るのですか?

DSCF4787.jpg
 
大間原発NO!の横断幕は文字がくっきり浮かぶ感じで、一目で訴えがわかるし、何回見ても素晴らしい!

チラシはというと、実は、「あっ 無い! チラシが見当たらない! そうだ、雨対策で手提げに入れたチラシを別の袋に入れ直し、横断幕などを入れた袋の横に置いたつもりだったがそれが無い!悔やんでももう遅い」
せっかくOさんが作ってくれたのになんという失敗。「折角のチャンスだったのに」とOさんはガッカリされた。
「仕方がない、声で行こう!」と言うNさん励まされ、気を取り直し、株主たちに声で「大間原発はいらない!」と訴える。暫くして函館から参加したOさんが持ってきた大間現地用のチラシを配った。

DSCF4784.jpg
▲会場に向かう株主たち

電源開発本社前スタンディングでおなじみの「大間原発大間違い マグロもイカも怒ってる」人形も参加。
久しぶりのTさんがお友達と二人で「原発反対」のプラカード持参で参加。仕事の合間に駆けつけたDさん、テントのTさん、いつもの面々の4人。加えて株主のY夫妻、Oさん、Tさん、と10人以上の顔ぶれで株主総会アピールにふさわしい人数が揃った。感激。

株主総会にに参加する人達のチラシの受け取りがよい。雨ですぐよれよれになるが話の糸口になる。「雨の中頑張るね!」「いままで推進と思って来たが考えを変えたよ」など嬉しい反応もある。

DSCF4789.jpg

私たちは「原発の時代は終わりました。マグロの時代です。」「マグロの方が経済効果が大きいです。」「大間原発は未完成です。これからも完成しません。」「東芝の二の舞になることは確実です。」「台湾も韓国も原発はやめることを決めました。」「モックス燃料なんてとんでもないことです。」「原発はトリチウム汚染水を放出します。海洋生物が汚染されます。マグロは価値がなくなります。」と口々に訴えた。

株主総会へのチラシまきは3回目になるが、今度が一番受け取りがよかった。チラシの受け取り方が変わった印象をみんな一様に受けた。
チラシ撒きは一人ででも二人ででも続けることが大事。

電力各社の株主総会がいっせいに開かれて、各会場で原発反対の提案があったと報道された。それでも金融機関などの大株主が推進の会社提案に賛成するのが不思議。福島原発収束のめども立っていないのに、儲からない事がわかって、世界は原発をやめる方に転換を始めているのだから、電源開発も大間原発建設をやめるべきだ!
これからも デモ を続けるぞ!!

(報告:里山恵 写真:あれこれ屋)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/611-85be7056

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに