FC2ブログ

原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

11月8日 大間原発建設差止裁判(函館市提訴) 第14回公判について

2017年 11月8日(水)15時から、大間原発差し止め函館市訴訟の第14回口頭弁論が東京地裁で開かれました。裁判の傍聴には多くの人が駆けつけてくれました。裁判終了後、報告会と講演会がありました。

裁判について
この日は主に原告側(函館市)、被告側(電源開発)の準備書面の確認でした。
例えば、原告側が出した準備書面は以下のようなものでした。
準備書面(26)(安全性確保が不十分な大間原発の危険性について)
準備書面(27)(福島第一原発事故の被害の甚大さ,及び大間原発で事故が起きた場合の被害の甚大さについて)
準備書面(28)(火山ガイドの不合理性等についての補足)
準備書面(29)(火山事象に関する基準の不合理性等について)
上申書(争点項目表)

被告国が出したもの。
第11準備書面(原発関連法規および新規制基準の説明)
乙A証拠説明書(7)
上申書(原子炉設置変更許可申請に係る審査の状況

裁判の報告会(16時から参議院議員会館の会議室)
報告会の主催者は函館裁判支援・関東の会です。
・司会は堀口さん
・竹田とし子さん まず、いつも裁判にはせ参じておられる竹田とし子さんから、北海道で竹田さんたちが行っている「大飯原発訴訟」についての報告がありました。

DSCF5329.jpg

・熊谷厚子さんの報告。大間原発反対で土地を売らずに闘って来た故熊谷あさ子さんの闘いを引き継ぎ、北海道から大間に移ってきた熊谷厚子(旧姓小笠原)から、大間で、住民として闘うことに「なじんできて、地域の人たちとも交流が進んでいること」が報告されました。

DSCF5331.jpg

・裁判の報告を中野宏典弁護士が行いました。

DSCF5332.jpg


講演・井戸謙一弁護士
「本訴訟及び全国の原発差止め裁判の展望、福島原発事故の損害 賠償請求の意義」 「重要で素晴らしい講演でした。」(田中一郎さん

DSCF5333.jpg

DSCF5336.jpg

井戸さんの講演会は別途、関東の会としてもやりたいとのことでした。

(まとめと写真:あれこれ屋)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/634-09580135

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに