原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

テントでハンスト/ どこでもハンスト

経済産業省前テントひろばは2011年9月11日の設置以来、福島の被災者、避難者をはじめ、全国の脱原発を求める人々にとって不可欠な拠り所として機能してきました。
ところが経産省はこの切実な声を省みることなく、テント敷地の明け渡し訴訟の提訴に踏み切りました(5月23日第1回口頭弁論)。
そこでテントひろばでは訴訟の取り下げを求める不退転の意思を表明し、脱原発を願う全ての人々との連帯を表すために5月16日から21日まで連続共同ハンスト・座り込み行動を行います。

経産省前テントひろばに来ることは出来ないが、ぜひ自分も支援したいと思われる方々も多数おられることと思います。
そこで「テントでハンスト/どこでもハンスト」を合言葉に広く全国各地の皆さま、世界各地の皆さまにもこの連続行動に合わせて、お住まいの地で支援行動を起こしていただくよう、お願いいたします。
「テントでハンスト」に連帯するユニークな行動を各地で行っていただくことで、脱原発テントを守ろうという大きなうねりを拡げて行きたいと思います。

(1)「どこでもハンスト」に参加してくださる方・グループも申込みをしてください。その際、どのような形態での行動かもお記しください。
連絡先はメール(tentohiroba@gmail.com),またはファクス(O3-6206-1102)にてお願いします
(件名に「どこでもハンスト」とお記しください)。
(2)経産省前テントひろばでのハンストについての実施要項を添付でお送りします。
(3)裁判について詳細はhttp://tentohiroba-saiban.info/ をご覧ください。


***********************************
連続共同ハンスト・座り込み行動に参加しよう!
                                                   経産省前テントひろば
―実施要領―
1.目的   テントは、福島の被災者、避難者をはじめ、全国の脱原発を求める人々にとって
不可欠な拠り所です。ところが経産省はこの切実な声を省みることなく、テント敷地の明け渡しに踏み切りました。この度の連続共同ハンストは、訴訟の取り下げを求める不退転の意思を表明し、脱原発を願う全ての人々との連帯を表すために行います。

2. 日時 ・5月16日(木)10時 ~ 5月22日(水)正午まで

3. 場所 ・経産省前テントひろば

4. 形態
・参加日数などは、ハンスト期間内に参加者がそれぞれの意思と条件に応じて参加し、全体として「共同連続ハンスト」として統一します。
・ハンスト決行中の法被、鉢巻を着用(テントで用意)。メッセージボードやプラカード等は各自で思い思いのものを用意下さい。
・テントでいすを用意します。寝袋、座布団、雨具は各自ご持参下さい。

5.参加登録  ・下記申し込み用紙にご記入の上、テントにご持参下さい。テントへのメール又は電話・ファックスによってもお申し込みできます。電話も可能です。
●テント住所 〒100‐0013東京都千代田区霞ヶ関1-3-1経産省前テントひろば
●メールアドレス tentohiroba@gmail.com
●電話 070‐6473‐1947 FAX 03‐6206‐1102

参加申込み用紙はこちらをクリック

ハンスト


ハンストよびかけチラシはこちらをクリック

尚、詳細は下記のHPでもご覧になれます。

アドレス http://tentohiroba-saiban.info/ [脱原発テントと命を守る裁判]

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2013/05/14(火) 06:14:22 | |   [編集]
いよいよ明日からですね。橋下市長らの発言で、また戦争の危機がおそってきました。反戦反原発のテントを守る闘いとともに、激しい重圧を撥ねかえしていきましょう。金曜日は、12時から1時まで、国会前で、[慰安婦発言」抗議の座り込みを行います。女性として、本当に許せません!
2013/05/15(水) 22:18:02 | URL | maririnn  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/70-e27b0b3c

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに