原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

土地明渡訴訟不撤回に抗議する連続共同ハンスト開始

5月16日(木)10時からテントひろば前で「土地明渡訴訟不撤回に抗議する連続共同ハンスト」の開始宣言が行われた。郡山から参加の黒田節子さん、渕上太郎さん、22日12時終了までずっと参加されるSさん(去年のハンストも参加)など居合わせた10人以上の人がそれぞれの思いを語った。
ハンスト開始
▲ハンスト開始

渕上さん決意
▲渕上太郎さん決意表明

黒田さん発言
▲黒田節子さん発言▼
黒田さん絶句


報道関係者は東京新聞、共同通信社など。
その後、院内集会などに参加した方、郡山からの橋本あきさん、いわき市出身のひまわりさん、富岡町からの避難の亀屋さんなどを含め、一時は24人がずらっと並ぶほどの活況をみせた。

黒田さん、高橋さん、橋本さん
▲左から黒田さん、ひまわりさん、橋本さん

午後は次第に雲行きが怪しくなり、夕方にはポツリ、ポツリ、と雨が降り始めたため、第二テント内に場所を移した。雨が次第に強くなるなかで本日のハンストは無事に終了した。

浦辺力さん
▲雨が降る中、夜に行われた浦邉力さんの“オープンマイク”

(報告:あっきぃ、写真:あれこれ屋)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/72-65da23fc

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに