原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

「連続共同ハンスト」第2日目

ハンスト第2日目
 5月17日(金)朝10時には、前日からのハンスト者4名に加え、新たな人も加わった。前日からのハンスト者の一人であるNさんは腎臓透析をしている人で、自らの身体をいたわりながら2日間ハンストをされた。

2日目朝のハンスト者たち
▲2日目の朝
 朝10時過ぎに、タクシーの運転手さんが、「こっちの方に仕事で来たので、頑張って下さいと言いに来た」と来られた。その運転手さんは「今日は仕事を終えてから金曜日行動に参加するつもりです。そのときまた寄ります」と言っていた。
 午後に、朝の人とは別のタクシーの運転手さんが、ハンスト宣言やハンスト者の方たちを写真に撮って行かれた。知り合いにいわきの人がいるので見せたいのでと言われた。この人も「金曜日行動に参加する」言っていた。なんとも心強い。

ハンスト宣言
▲ハンスト宣言

 午後に、武藤類子さんが「告訴団会議に来たので」とテントにちょっと寄られた。
その後、更に大阪から電動車椅子の古井さんが加わった。古井さんは震災・原発事故後、すぐ、郡山のボランティアに入ったそうだ。阪神・淡路大震災の時の障害者の困難の経験をもってグループの人たちと入ったそうだ。今年の3.23、福島で行われた「福島の女たち」の集会にも参加されている。

s-類子さん
▲取材を受ける武藤類子さん

s-夕方
▲2日目夕方。右端でハンスト中が古井さん

 この日は、16時からテントの青空放送の日。アメリカのカリフォルニアで反原発闘争をしておられる方が出演。椎名千恵子さんも一緒に来られた。



Video streaming by Ustream

 19時、ハンスト参加者が感想を述べあった。腎臓の悪いNさんは「被災地では、透析を受けていた人たちや障害者がたくさん亡くなられています。これからは、障害者の人たちの力にもなっていきたい」と言われた。
 この日の行動を閉じた。

(報告・写真:あれこれ屋)

コメント

雨の中の座り込みハンストに寄りました。5日目となります。「昨日がつらかった」と7日間ハンスト闘争の方の1人の言葉。「テントを守れ」は、みんなの合意形成が進みます。20日の写真、リンクパイザに入れてあります。どーぞ!ご覧ください。
2013/05/20(月) 16:20:34 | URL | maririnn  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/76-b4c15495

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに