原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

テント撤去・土地明け渡し請求訴訟取り下げろ 第一回公開口頭弁論

5月23日 テント撤去・土地明け渡し請求訴訟取り下げろの裁判
第一回公開口頭弁論

Image2朝日新聞記事
▲朝日新聞記事

この日の朝、経産省前テントひろばに集まった人たちが出発

裁判所に出発
▲出発

裁判所前にはたくさんの人たちが集まる。


裁判所前
▲裁判所前

弁護団長の河合弁護士、福島からは黒田節子さん、橋本あきさん、椎名千恵子さんが参加。傍聴抽選に並んだ人約300名。

河合弁護士方針をしゃべる
▲河合弁護士


黒田節子さん
▲黒田節子さん

弁護士、渕上さん、正清さん、福島の女たちを先頭にして裁判所に入る

そろって裁判所へ入る
▲そろって入る

傍聴に来た人々
▲傍聴に来た人々
(注)この写真は門の外から撮ったものです。

傍聴抽選(抽選券約20枚)にはずれた人も裁判所に入る。

裁判所の様子を見て、そのあと11時30分から裁判所脇~テント前~経産省前~日比谷公園までデモ

裁判所脇をデモ
▲裁判所脇をデモ

子どもを避難させて
▲子どもの避難を訴える横断幕

(報告・写真:あれこれ屋)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/85-9b432814

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに