原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

【しねまでテント・番外編】 のお知らせ

【しねまでテント・番外編】

6月2日(日)19:00~
経産省前テントひろばにて

今回は特別企画としてテント前での屋外スライドショーを開催いたします。
複数のフォトグラファーが集まり、3.11後の被災地に取材した作品を中心に上映します。
デモの後のひととき、交流を兼ねてテントひろばにどうぞ足をお運びください。

コメント

非暴力って、暴力装置の化身の公安警察や、それに利用されているもの、心を許している奴を断るってことでしょう。公安って結構わかりいいですが、利用者や権力のシンパシーってわかりにくい。間違ってもいけないし…・責任者はやはり大事でしょう。日常は市民面や、3点セット?!だったりして、逆権力ぽい。けっこう姿かたちを変えるから、やはり学習が必須です。原則完黙って、易しいからといって、軽く考えない、やはりはじめが肝心。女性は、男性以上に2倍は距離をとらないとね。隙があると思われないようにしたい。7基の再稼働、原発輸出と、風雲急を告げている。6月15日は、とてもたいせつです。早めの準備可能ですか?
2013/06/02(日) 08:55:06 | URL | maririnn  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/91-d1e64245

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに