原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

米・カリフォルニア州サンオノフレ原発2基廃炉へ

米・カリフォルニア州サンオノフレ原発2基廃炉へ

東京新聞
▲東京新聞6月8日朝刊

東京新聞の報道では、カリフォルニア州のサンオノフレ原発の2機が廃炉になることが決まったそうです。この原発はアメリカで一番危険な原発とされ、反対運動が続けられていました。昨年の夏、椎名千恵子さん(原発いらない福島の女たち)がカリフォルニアを訪問したとき、現地で廃炉を闘う人たちと交流した報告が、椎名さんの訪問報告冊子「海を越えたかんしょ踊り 福島の声」にも書かれていました。金子祐仁さん(在カリフォルニア・画家)の詳しい内容もその冊子に載っていました。
 また、カリフォルニアの原発と闘う方が5//24日の青空放送に出演しています。

 この原発の「蒸気発生器の配管」の欠陥は三菱重工業製で、三菱重工業はトルコへの原発輸出を画策する企業です。「世界一安全な日本の原発」なんてウソです。

PN2013060701002436_-_-_CI0003.jpg
▲サンオノフレ原発
 
 人がすぐ近くまで行ける。右に見える海でも魚を釣ったり泳いだりしているそうだ。

(あれこれ屋)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/tb.php/96-634208d6

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに