原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに

2.20大間原発反対! 電源開発本社前スタンディングデモの報告

電源開発本社前スタンディングデモの報告

大間原発反対!関東の会は毎月、熊谷あさ子さんの月命日19日(またはその前後)に東銀座の電源開発本社前で「大間原発反対!」のスタンディングデモを行っている。
2月は19日が日曜日だったので20日(月)に実施。時間は午後4時半~5時半。参加者は8名。そのうち、初めて参加してくださった方が2名。チラシを見て参加して下さった方があった。政情が問題多い中の参加は嬉しい。

経産省前を通る人たちは無表情で黒色系統の服で、チラシを受け取ることはほとんど無いが、電源開発前は様々な職業の人が通り、1時間で100枚近くのチラシの受け取りがあった。
核廃棄物が溜まるばかりなのに、危険極まりないフルMOX原発を作ることに営利企業の社員として東芝の二の舞にならないか、不安を感じているに違いないが。

終わる頃には小雨模様になった。
最後にいつものようにシュプレヒコールで締めた。

大間原発大間違い!
マグロもイカも怒ってる!

電源開発は大間原発建設止めろ!
今が辞めどき!

損失の小さいうちに手を引け!
東芝の二の舞になるぞ!

次回スタンディングデモ
3月21日(火)午後4時半~5時半

(報告:里山 恵)

3・11 ★第6回 原発いらない地球(いのち)の集い★

原発事故から6年が過ぎましたが、子どもたちには甲状腺癌が多発し、帰還の強制や「自主避難者」への住宅支援打ち切り、汚染土のリサイクルなど、私たちを取り巻く状況は厳しさを増しています。福島の被害を隠蔽し、原発再稼働を進めようとする政府・原子力マフィアと対峙し、手を取り合い、この世界を切り開いていくために、3.11は福島に集いましょう。

黒田


◆とき:2017年 3月11日(土) 12時~16時
◆ところ:福島市市民会館 (福島市霞町1-52)…福島駅から徒歩20分

★分科会: 12:10 ~ 13:40
○帰還政策と放射能安全キャンペーン
○福島と沖縄の人権蹂躙
○被ばく労働問題
○東電責任追求と脱原発/再稼働反対

★全体会: 13:40 ~ 14:50
○分科会報告・ディスカッション
○福島県への要望書・決議文採択

★市内デモ行進: 15:10 ~ 16:10
○鳴り物、プラカードなど各自ご準備ください。

2月5日 「いのちと祭りとアートの最前線 『反原発美術館』へようこそ」 第二章”報告会の修正・補足

2.5集会をもつにいたった「顛末」も含めての報告です。修正・補足版です。


報告会3
▲写真:小西修さん」

2.5集会にいたったいきさつ

「福島とともに」ブログでも報告してきたとおり、「経産省前テントひろば強制撤去後」、丸木美術館での「今日の反戦反核展」にテント丸ごと出品に「応募」し、丸木美術館、展覧会実行委員会の方々のご厚意で、ベランダにテントを建てちゃうというようなユニークな出品をさせていただきました。しかし、正直に言えば、そこまでこぎつけることができたのは早川由美子監督(反原発美術館館長)のものすごい努力、エネルギーがあったからです。それでその慰労会をやろうということになりましたが、内輪だけでなく、その展示に参加してくださったアーティストのみなさんや、土日の当番を担ったテントメンバーも参加する形を模索する中で、また、より多くの人と「反原発美術館」のこれからを共有したい、という想いから「2.5集会」をやることになりました。

2.5集会の内容

Image2寺崎

Image2早川

寺崎さんの司会で始まりました。

早川さんの90分の講演 (早川さん自身による補足です。)

2015年12月から始まった反原発美術館。美術館の立ち上げから、強制執行を経て、移動式の美術館として再出発した今日まで、気が付けば、振り返ることもなく、ひたすら走り続けてきたような感覚があります。

今回、反原発美術館について、改まって話す機会をいただいたので、これを機に、私が初めてテントを訪ねたきっかけから、国会前の抗議活動を取材する際にテントで寝泊まりさせてもらっていたこと、そして反原発美術館の企画を思いついたいきさつなど、1時間半にわたってお話しさせていただきました。

報告の中で、ぜひ紹介したい人がいました。それは、帯谷さんとはしゆきさんでした。二人とも、テントのメンバーであると同時に、反原発美術館の出品アーティストでもあります。帯谷さんは、抗議のプラカードを沢山吊り下げた「デモ傘」。はしゆきさんは、「No
Nukes」の電光掲示板。お二人に共通するのは、いわゆる「芸術家」が芸術のために作った作品ではなく、普段の抗議活動の中から生まれ、進化してきた作品であるということです。私は、これこそが芸術の原点ではないか?と思ったので、ぜひ皆さんの前でお話ししてほしいと思ったのでした。

とはいえ、普段講演などで話される機会があまりなければ、いきなり前に出て話してほしいといっても、言葉に詰まるかもしれないかな?と思ったので、私の方で、話が始めやすいように、いくつか質問を準備していました。でも、実際は、帯谷さんもはしゆきさんも、私の問いかけを必要とすることなく、自ら作品への思いを話してくださり、とても良かったと思います。

また、今回の報告会では、未公開の映像を紹介したいと思っていました。何の動画を紹介するかは、当日まで誰にも知らせませんでした。紹介した映像は、テントの強制執行時の動画で、テント弁護団の一瀬敬一郎弁護士が撮影した動画を、私が編集したものでした。テントの強制執行は、NHKなどのニュースでも流れましたが、マスメディアのニュース映像は、政府にとって都合の良い部分しか撮影・報道されていないということが、一瀬弁護士の動画を見るとよくわかります。編集しているだけで、怒りがわいてくるほどでした(苦笑)。

反原発美術館は、流れのままに突っ走ってきましたが、今回のように改まって振り返る機会をいただくと、立ち止まって考えることができ、私にとってもとても良い経験になりました。これからも、反原発美術館が、日本全国の(世界各地も?!)脱原発を願う人たちとつながり、いろんな場所で皆さんに見ていただけたらうれしいなと願います。
今後ともどうぞよろしくお願いします。(終)

報告会6
▲帯谷さん(写真:小西修さん)

さらに、2016年8月の「強制撤去」のドキュメント。帯谷さん、はしゆきさんが登場して語った場面は、映像から二人が飛び出してきたようで興奮しました。
Image2倉庫
▲テント撤去で押収された「品物」を保管倉庫に取り返しに行ったとき

集会の流れが巧みで、(早川さんがコーディネイト)見て、聞いている人に飽きがこないものとなりました。自画自賛的ですが、大変刺激な集会になったと思います。
丸木美術館で講演をしてくださった井上めぐみさん、風刺漫画家・壱花花さん、北海道新聞東京支社の記者さん、多士済々の顔ぶれが報告会に参加してくださり、「反原発美術館」ならではの広がりを感じ取ることができたのではないかと思います。
会場に、アーティストの作品や経産省前テントに寄せられた「作品」を飾ったのもよかったですね。
交流会もしました。
「よかった!万歳」で終らせたくないですが。ご意見をお聞かせください。

(報告:たきびの=実は仕掛け人 写真:早川、小西、ネットから)

2月5日 「いのちと祭りとアートの最前線 『反原発美術館』へようこそ」 経産省前テントひろば強制撤去後の”第二章”報告会

2月5日 「いのちと祭りとアートの最前線 『反原発美術館』へようこそ」
経産省前テントひろば強制撤去後の”第二章”報告会

DSCN7154.jpg

2月5日(日)午後に、たんぽぽ舎で、「反原発美術館・第二章報告会」が行われました。
前半は、館長・早川由美子より、経産省前テントひろばとの出会いから、反原発美術館企画の立ち上げ、そして強制執行後の移動式美術館に至るまでのお話をさせていただきました。
テントが強制執行された際の、生々しい動画も初公開されました。

DSCN7163.jpg

後半では、反原発美術館に、様々な形でご協力くださっている方より、ご挨拶をいただきました。反原発美術館のオープニングで、ライブペインティングをしてくださった長谷川直美さん、丸木美術館での展示中に、講演をしてくださった井上めぐみさん、テントリーフのデザインやライブ演奏などをしてくださったうらんさん等
改めて、沢山の方々のご協力によって、この美術館の活動が支えられているのだと実感する報告会となりました。ご来場くださった皆様、どうもありがとうございました!

DSCN7176.jpg


DSCN7189.jpg

(報告と写真:早川由美子さん)

2/5 反原発美術館の活動についての報告集会へご参集を1

2月5日(日)にたんぽぽ舎で「反原発テント美術館」の活動についての報告集会を行います。
ご参集ください。
たんぽぽ集会
<前のページ 次のページ>

プロフィール

原発いらない女たちのテントひろば

Author:原発いらない女たちのテントひろば
「未来を孕むとつきとおかのテント行動」を引き継ぐ新ブログにようこそ!

「原発いらない女たちのテントひろば~福島とともに」は
東京・霞が関の「経産省前テントひろば」を拠点とした、女性による脱原発・反原発のアクションです。
 年齢もバックグラウンドも様々な女たちが、福島原発事故に対して立ち上がった「原発いらない福島の女たち」につながろうと集まって来ました。
 それ以来、つねに新しい仲間を迎えながら、「原発を止めたい」「子どもたちを守りたい」という思いのもとにテントを拠点に多様な活動を続けています。
 生きること、暮らすこと、命をつなぐこと。小さく、ささやかなものへの眼差しを大事にして、「原発」という強大な構造を変えて行けることを固く信じて。
 このブログはもう一つの「テントひろば」。誰にでも開かれた、語らいと学びと交流の場です。世界中の女たちに呼びかけます。
「強く、そしてしなやかにつながっていきましょう!」

QRコード

QR

福島とともに